画期的な育毛

以前、ニュースになったiPS細胞という名前を覚えている方も多いでしょう。近年、このiPS細胞を使った育毛治療に画期的な効果があることが発表されました。

皮下で毛根を包み込む筒状の組織で健康的な髪の成長に必要な毛包がiPS細胞によって再生させる技術が開発されたそうなのです。
とはいえ、研究段階なので身近に使えるようになるまでには長い年月がかかります。
でも、新しい育毛技術は世界各地で進められているので、育毛の新時代も近いでしょう。
植物から抽出した精油を使ってアロマテラピーなどを楽しむ方が増えています。心身のリラックスやリフレッシュを目的としたもの以外にも、髪のためになるオイルも数多くあります。

例えば、スウィートオレンジというアロマオイルは毛根を刺激して、血行不良を改善するため、育毛に適したオイルです。
悩みに合ったオイルを複数使って自分専用のヘアオイルやシャンプー等を作ってみるのもおススメです。

本来は処方薬であるAGAの薬を、病院に行かずにそれよりオトクな価格で手に入れる方法があるとすれば、個人輸入で海外から買うという手段もあります。
送料はかかるものの、病院の処方箋代や診察費もかからないため、コストダウンできるというわけです。

そうはいっても注文は英語ですからなかなかハードルが高いと躊躇するのでしたら輸入を代行するサイトは近頃増えていますし、手続き一切を頼んでしまいましょう。いま現在で男性型脱毛症の症状改善に効果を発揮すると認められている成分といえば、ミノキシジルとフィナステリドのふたつでしょう。
歴史のあるミノキシジルに対し、あとからAGA治療薬になったフィナステリドの方は、MSD社からプロペシアという名前で流通しています。

ちなみに1%のミノキシジルを含む製品は市販されており、薬剤師のいるところなら薬局でもドラッグストアでも購入可能ですが、フィナステリド含有のプロペシアは処方箋がないと売ってもらえません。育毛にかかる費用は、誰もが気になるところです。

けれど、実践する育毛方法が違えば、かかる費用も違います。
今使っているシャンプーを育毛効果のあるものに変えたり、育毛剤を使うのであれば、月に一万円もあればおつりが出ます。ただ、クリニックで診てもらうのなら、診察料や薬代で毎月数万円の出費になります。

もし植毛しようというのであれば、残っている自分の毛髪を使う自毛植毛か人工毛植毛にするかで予算が大幅に変わります。

近い位置にあるわけではないので関係がないと思われるようですけど、実は育毛と腸内環境は関連性が強いです。

便秘をして腸内環境が悪化した状態になると、体外に排出不能になっている食品カスから体に毒になる成分が出てきて、体全体にこれらが運ばれて循環してしまうのです。
乳酸菌が腸の状態を向上させてくれる力を持っているのは有名です。

また、乳酸菌は腸の状態を改善してくれる力を持っているだけではなくて、発毛促進物質IGF-Iが胃や腸の内部で分泌されるのを増加させてくれる機能があり、さらに育毛効果が増すのは間違いありません。男性型脱毛症、略してAGAの医療的な対処法は現在のところ二つに分けられます。症状の出ているところに薬を塗ったり内服薬を飲むというやりかたと、じかに有効成分を毛根へ注射で与えるという病院の中でなければできない外科的な処置があります。片方がより優れているというわけではなく、体質的な問題もあれば症状の出方でベストな対策は異なるのが普通です。

ですから、自分に合った方法を病院で判断してもらった上で選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。

通常のシャンプーとか、トリートメントなんかは一切使わないで、髪をお湯のみで洗ってきれいにする「湯シャン」といわれている方法があるのはご存知ですか。
慣れないうちは髪の毛や頭皮がベタベタして脂が残っているように感じて、かえって育毛のためにならないのではないかと感じる方もいるでしょうが、継続していくうちに皮脂量が正常になっていきますから、心配することなどこれっぽっちもありません。

もし、我慢できないほど不快だというときには限定的にシャンプーの使用をOKにするという選択もできます。眠っている時、人の身体は成長ホルモンを分泌します。

これは名前そのままに、身体のそれぞれの部分の発達促進、ないしは修復を行ったりするのに欠かせないホルモンです。身体の部分に髪も含まれるため、成長ホルモンの分泌は育毛という面でもなくてはならないものです。

成長ホルモンが最も盛んに分泌されるのが22時から翌2時で、ゴールデンタイムと呼ばれています。ゴールデンタイムまでに就寝できているというライフスタイルなら何より良いでしょう。

育毛に関しては多くの俗説が出回っていますが、筋トレが原因の薄毛があるというのもこの一つです。筋肉を付けるという事は、薄毛の要因とされている男性ホルモンを活性化させることになるため、これがこの話の根拠になりますが、調べてみると100%筋トレをした人が薄毛になる、ということはないです。けれど、AGA(男性型脱毛症)の人が筋トレを行った場合はその症状が悪化する症例が報告されています。

AGAは男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えてしまう物質が活性化している病気なので、男性ホルモンの増加が薄毛に直結してしまうのです。

よく読まれてるサイト:ノンシリコンシャンプー メンズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です